知床峠付近の彩り

                2014年10月2日

 車が知床横断道路の最高地点に近づくにしたがって、左右の林の色彩が鮮やかになっ

ていきました。ハイマツの緑と白い幹や枝が赤や黄色の引き立て役です。最盛期という

には少し早かったでしょうか。遠来の客の日程の都合もあるので止むを得ません。それ

でも大雪山系のモミジ名所とは一味違います。 

遠軽の雲と街

 

                2014年10月1日

 遠軽の街やコスモス園を見ているうちに空に不穏な雲が広がりました。雨にならない

うちにとオホーツク海方面に出立したのですが、見る間に厚い黒雲が広がり、車を追い

かけてきます。追い付かれないようにと車を飛ばし、何とか振り切ることができまし

た。ひと時車を停めて後ろを眺めると遠軽方面が黒雲の塊に包まれています。写真にあ

る市街が豪雨に見舞われている気配でした。

一千万本のコスモス

            2014年10月1日 遠軽のコスモス園

 遠軽のコスモス園は1千万本のコスモスと称していますが、実際にそれだけあるのか

は分かりません。ただたくさんあることは確かです。高所から見ると先の方は色彩だけ

はわかるけれど、それがコスモスであるとはわかりません。

 通常の白や赤やピンクのコスモスの他に、黄色や赤黒いものなど、珍しい種も植えら

れています。

旭山動物園のペンギン

                2014年9月30日

 昨日の写真で黒い実はガンコウランでした。別に考えていなくて、他のことをしてい

るときにふと浮かび上がりました。念のために図鑑を確かめてみたら正解です。意識っ

て自由に操作できるわけではなく、無意識の部分が大きいですね。

 

 今日の写真は旭山動物雲のペンギンです。テレビ番組で見ると、生存し子孫を残すた

めずいぶん過酷なくらしをしているようですが、その姿形のためか動物園で見るとけっ

こう気楽そうです。

旭平の実り

                2014年9月30日

 九月末から10月にかけて、旭平は稔の季節です。さてその実の写真を探し出してみ

ると、シラタマノキ(白)、コケモモ(赤)は名前を憶えていましたが、よく知っていたはず

の黒い実の名前かどうしても出てきません。味は覚えています。甘味が強くわずかに酸

味があったと思います。記憶障害は種名、属名、科名と細かい方から大きな分類に向か

って進むと聞いたことがあります。近頃、知っていたはず植物の名前が出てこなくなっ

て、いよいよ始まったかと悲しんでいます。              






 

秋の黒岳五合目

                2013年9月23日
 黒岳五合目はケーブルの終点から7合目までのリフトの駅までの間が小公園のように

なっていて、さまざまな草や木の葉が色づき実をつけています。とりわけ鮮やかなのが

まだ花のままのエゾキキョウ、葉が紅葉し赤い実をつけているコケモモ、白い実をつけ

ているシラタマノキです。もっともこれらは旭平ほどの広がりはありません。管理者が

植えたものかもしれません。





 

黒岳の彩り

               201年9月23日 黒岳5合目

 層雲峡から発する黒岳ケーブルは5合目が終点になり、そこの駅舎の上に展望台が作

られていて、黒岳やそれに連なる山々、層雲峡の谷を隔てた対岸の山々などを一望でき

ます。この日は山肌が色づきはじめていましたが、まだ緑も残っていました。紅葉の盛

りは10月に入ってからになりそうです。そのころには山々だけでなく二つの滝の周りも

きれいに色づくでしょう。